読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「韓流を切り捨てることが、今の時代に乗るってことかもしれない」なんて、いわないよ絶対。

やあ。
第二の黒夢を目指しております、「さよなら、ディクショナリー」です。

さきほど缶コーヒー飲んでたら、
「それ乳化剤入ってるでしょ?
胃ガンになるよ!」
なんて優しい言葉を女性からかけていただきました。
うれしくて、先っぽからガマン乳化剤が出ちゃいそうです。

さて、少しずつではありますが、私どものHPができあがってきとるわけです。
動画・音源関係をすぐにでも聴いていただける環境になりました。
フェイスブックというのも無理して登録しました。
まぁ、これによって僕らのライブに来たいと思う人が少しでも増えればと思っておるわけですよ。

そもそも、このバンド始めた理由ってのは、女の子にちやほやされたかったから組んだんですよ。
いや、30歳を過ぎると、お金払ってでも若い女の子とお話したい年頃じゃないですか。
そんな大金ないもんで、それじゃ他に若い女の子とお話する機会っていったら、「ライブハウス」でライブすることしか思いつかなかったんですよ。
今さらバスケ初めて、流川君になんてなれないし、安西先生にもバスケしたいなんて言わないよ、絶対。

で、技術もそんなにないし、他のバンドと競争しても勝ち目がないもんで、POPだけど、ちょっとニューウェーブよりに曲を仕上げることで、「あ、ちょっと変ったことやってるバンドじゃん!」なんてお客さんを釣ることできるんじゃないかと思って、そんな曲作ったんですけど、それほど反響はないんだな、これが。

まぁ、それはどうでもいいとして、最近の韓流ブームってすごいね。
僕は嫌いじゃないよ。
大人っぽい格好だけど、片言なしゃべり方が母性をくすぐるというか、大人と子供の良い部分をもっておるんじゃないかな。
これって、日本のアイドルがやると、「戦略的」と言われがちじゃない?

確実に天然物と言える韓国のアイドルは今後も日本を侵略し続けるよ。
それでいいと思うよ。

        キムチ!くぼたはじめ