朱に交わって赤くなる

昨日、本当にすごい、嬉しいメールを2件もらいました。

どちらも素晴らしいアーティストさんからで、たぶん自分と同い年くらいです。

 

一人はめちゃくちゃ売れてたバンドのフロントマンの方で、今は活動再開するために力を蓄えている方から。

もう一人はいま売れ始めているバンドさんのこれまたフロントマンの方から。

 

お二人とも境遇は違うのですが、ただ人間性が素晴らしいのだけは共通しています。

(あともちろん音楽も)

メールのやりとりですが、今回はほんとうに感動しました。

比べて、私の体たらくっぷりに深い反省をしました。

 

詳しいことはこのブログでは言えないので、直接私に会ったら聞いてください。

 

 

ということで

腐ってる場合じゃないよな、取るに足らないことで。

という気持ちです。

 

やっぱり偶然でも一流の人と少しでも交流を持つと意識がぐぐぐと変わりますね。

踏ん張るんだよ、バカヤロー。ということです。